1枚は持っておきたいプリペイドカード「バンドルカード」

バンドルカードが超便利!

使い方

バンドルカードのリアルカードプラスのメリットやデメリットは?

投稿日:

バンドルカードリアルカードプラス
「これからバンドルカードを作ってみよう」、「とりあえず無料アプリで発行してみた」という人の中にはリアルカードプラスってなんだろうと感じている人も少なからずいるのではないでしょうか?

バンドルカードのリアルカードプラスを発行するメリットやデメリットはどのようなものがあるのか知ることで必要なのか、あると便利なのかを知りことができるはずです。

今のバンドルカードの機能をアップグレードしたい、もっと便利に使いたい。でも手数料とか年会費とかかかるならどうしようかなと考えてしまっていませんか?

リアル店舗でつかってみたい、普段使うメインカードにしたいという方はぜひリアルカードプラスの発行を検討してみてくださいね。

すでに申請してまだ届かないという人はこちらを参考にしてみてください。

リアルカードが届かない
バンドルカードのリアルカードが届かない6つの原因と対処法

バンドルカードには、実店舗で使えるリアルカードも提供されているので、ネットに限定されない便利な使い道が広がります。 リアルカードの利用には発行手続きが必要となり、スマホに導入したアプリの画面上で、リア ...

バンドルカードアプリ無料ダウンロードはこちら

バンドルカード発行の3種類のパターン

バンドルカードの発行の仕方には3種類のパターンがあります。

タイプバーチャルリアルリアルプラス
発行手数料無料300円600円
1回あたりチャージ上限額3万円3万円10万円
月間チャージ上限額12万円12万円200万円
残高上限額10万円10万円100万円
全累計チャージ上限額100万円100万円上限なし
利用できるお店国内、海外のVisa加盟店(オンライン)国内のVisa加盟店(実店舗含む)、海外のVisa加盟店(オンライン)国内、海外のVisa加盟店(実店舗含む)
利用できないお店
  • ガソリンスタンド
  • 宿泊施設
  • 公共料金
  • 定期支払い・定期購買
  • 保険料の支払い
  • 高速道路料金
  • 機内販売
  • 自動券売機など暗証番号の必要なお店
  • 本人認証(3Dセキュア)の必要な加盟店
  • 他特定のお店
  • 公共料金
  • 定期支払い・定期購買
  • 保険料の支払い
  • 高速道路料金
  • 機内販売
  • 自動券売機など暗証番号の必要なお店
  • 本人認証(3Dセキュア)の必要な加盟店
  • 他特定のお店

ひとつはヴァーチャルカード、2つ目はリアルカード、3つ目はリアルカードプラスです。リアルカードにはプラスと銘打ったタイプもあり、こちらはノーマルタイプよりも高機能になっているのが特徴です。より活用の幅が広がる機能がプラスされていますので、バンドルカードをよりディープに使っていくことができます。

ではリアルカードリアルカードプラスのメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょう。

リアルカードプラスのメリット

  • 残高の上限増大
  • 海外の実店舗でも使える
  • ガソリンスタンドや宿泊施設での利用

残高の上限増大

リアルカードプラスのメリットとしては、残高の上限を10万円から100万円まで増大させられることです。

10万円という上限は使い過ぎを防止したり、子供に持たせるためだったりすると、ちょうど良い設定の場合もありますが、大人がメインでしっかりと使おうと思ったら物足りない部分も否めませんでした。

そうした弱点を克服しているのがひとつの魅力であり、これまで以上に便利に活用できるようになっているのです。

また、チャージに掛かる手間も減らすことができますので、残高が心配になる度にチャージを行うことの煩わしさを解消するという意味でも、上限アップはメリットと言えます。

海外の実店舗でも使える

海外の実店舗でも使えるようになったというメリットも挙げられます。

従来タイプでは基本的に、国内のVISA加盟店での利用が主で使い途が制限されている点に短所がありました。

厳密には海外のインターネット上のVISA加盟店なら使えたものの、それでも実店舗は対象外でしたので不便を感じていた人もいるはずです。
それがリアルカードプラスの場合は実店舗でも使うことができます。
したがって海外旅行などの際にも大活躍をさせることができ、海外へ行く際のお供として役立ってくれるのです。これから海外へ行こうと思っている人にもおすすめの一枚と言えるでしょう。

ガソリンスタンドや宿泊施設での利用

その他にも、本人確認が取れていないバンドルカードでは使えなかった、ガソリンスタンドや宿泊施設などでも使えるようになったという良さもあります。つまり使用用途が一気に拡大したということであり、より便利に活用できるカードへと生まれ変わっています。

リアルカードプラスのデメリット

  • 発行手数料600円
  • 海外決済の場合4.5%の手数料がかかる
  • リアルカードを発行できない(ダウングレード制限)

発行手数料

ではデメリットはないのかと言えば、ひとつは600円の費用が掛かってしまうことです。ヴァーチャルカードは無料、リアルカードは300円だったところ、多少の費用の増大がありますので、初期費用として支払わなければいけません。

海外決済の手数料

バンドルカードが海外でも使えるとなるとリアルカードプラスは便利に思えますが手数料がかかることを知っておく必要があります。
リアルカードプラスで海外決済の場合4.5%の手数料がかかるのでこれはデメリットと言えるでしょう。

リアルカードが発行できない(ダウングレード制限)

他にもデメリットとしてリアルカードプラスを持っている場合は、リアルカードを発行できなくなってしまうことも挙げられます。もしノーマルのカードが良いという場合は元のカードに戻る際に苦労するかもしれません。

なお、ヴァーチャルカードおよびリアルカードを持っている場合なら、リアルカードプラスにすることはできます。
つまりダウングレードに際しては制限がありますので、例えば子供に持たせるなどの場合はどちらの方が良いのかよく考えてみた方が良いかもしれません。

デメリットとしてはこういった内容が挙げられますが、国内で使うなら大きな不便に繋がることは特にないはずです。
利便性がアップしただけであり、発行をしたからと大きく後悔をするようなことはないと言えるでしょう。

-使い方

Copyright© バンドルカードが超便利! , 2019 All Rights Reserved.