1枚は持っておきたいプリペイドカード「バンドルカード」

バンドルカードが超便利!

体験談

バンドルカードをAmazonで使う方法と気を付けたいポイント

更新日:

バンドルカードをAmazonで使う方法
バンドルカードの登場でクレジットカードを持っていない人でもAmazonでの買い物で代引きしなくて済むようになりました。

これはとてもうれしいことで代引き手数料を払わなくて良くなったこと代引きでは買えない商品を購入することができるなどメリットはたくさんあります。

バーチャルカードの特徴

バンドルカードは前払い式のカードで、VISAの加盟店で決済ができます。

リアルカードとスマートフォンのアプリをダウンロードして作るバーチャルカードの2種類から選択でき、Amazonなどのネットショップでの買い物が中心の方や、持ち歩きを楽にしたい方に向いています。

クレジットカードと違って年齢や収入等の制限がないため、未成年者でも親の許可があれば保有できるのが特徴です。

バンドルカードを実際に利用してみた
バンドルカードを実際に使ってみてわかったこと

バンドルカードを使ってみると、メリットとデメリットが分かります。 どのようなときに便利か知っておくと、使いこなしやすくなるでしょう。 バンドルカードのポチっとチャージを動画解説 ポチッとチャージ by ...

バンドルカードのポチっとチャージを動画解説

バンドルカードアプリ無料ダウンロードはこちら

バンドルカードのAmazonでの使い方

  1. バンドルカードにチャージ
  2. Amazonにログイン
  3. 支払い方法の選択
  4. 注文確定

大まかな流れは上記の手順になります。詳しく見ていきましょう。

バンドルカードにチャージ

Amazonで利用する際にはクレジットカード決済とほぼ同様の方法で利用できますが、いくつか注意が必要です。

まず、前払い式のカードですので予めチャージをして入金させておく必要があるでしょう。

未成年の方であれば、コンビニやネットバンク、ATMでのペイジー等から手軽に入金手続きが行えます。

クレジットカードや仮想通貨、携帯キャリア決済にも対応していますが携帯決済は現在利用停止中です。

もし手持ちがない、すぐにはお金が用意できない場合はポチッとチャージが超便利です。

Amazonで購入する前にバンドルカードの残高が十分か確認しておかないと支払い不能になるので注意してください。

欲しい商品の金額以上のお金が残っているか確認するクセを付けると心配ありません。

インストールしたばかりのバンドルカードはバーチャルカードなので1000円からチャージできますが、1回のチャージ額は3万円で残高は10万円までです。

大きな買い物をしない限りあまり神経質になることはありませんが、月間のチャージ料金は12万円までなので、多額の買い物をする場合は履歴を確認するように気をつけるといいでしょう。

Amazonにログインして注文する

Amazonへログイン後、商品を選んでレジに進み、支払い方法を選びます。

初めてAmazonを利用する時には、氏名やメールアドレスの登録とパスワードの設定をしてアカウントを取得する必要があります。

届け先の情報や配送方法の選択をした後に、支払い方法の選択の画面で、新しい支払い方法の追加を選びます。

新しい支払い方法の追加

クレジットカードの追加画面が表示されるので、そちらからバンドルカードに関する情報を入力するのですが、入力内容に注意が必要です。

カード番号と有効期限ははそのまま券面に表示されている番号と年月を入力すれば構いません。

しかし、名義人は自分の名前を入力するとエラーになります。
バンドルカードの名義人
名義人には「VANDLE USER」とアルファベットで入れるようにしてください。

バンドルカードを登録すると支払い方法の選択画面に新規に登録したカードが追加されていますので、そちらを選んで注文の最終的な確認をして確定ボタンを押すと無事に手続きが終了します。

初めてカードを使うときは1円だけ引かれる

初めてカードを使う際には、認証システムの関係でカードが有効か調べるために1円だけ試しに引き落としがされる場合がありますが、決済があった時点で返金されますので心配する必要はありません。

ただ、商品代金ぴったりに入金させると、支払いの時に1円が足りずに残高が足りずに引き落としができない事例があるため、少し多めにチャージをするように心がけることをおすすめします。

注文確定後の決済

商品が発送された時に支払いが確定され、バンドルカードから決済されます。配送に時間がかかる場合はその分決済が遅れますので、残高が足りないことがないように気をつけましょう。足りないと自動キャンセルになります。

まとめ


バンドルカードでAmazonの買い物をする時、最も多い問い合わせは名義人がわからずカードを登録できないという問題です。

通常クレジットカードなどは本人の名義になっているのでアルファベットで入力すれば問題ありません。

しかしバンドルカードを発行するときに名義人を設定することはありません。そもそも名義人はないのです。

正確に言うと名義人に設定されている名前は「VANDLE USER」となり共通の名義を使うことになります。

ですからバンドルカードをAmazonで使うときは名義人の登録を間違えないようにしましょう。

その他でバンドルカードが使えないときは対処法わかる!バンドルカードが使えない原因はこれを参考にしてみて下さい。

バンドルカードが使えない
対処法わかる!バンドルカードが使えない6つの原因と解決方法

バンドルカードはVISA加盟店で使えるプリペイドカードですがすべての加盟店で使えるわけではないようです。 様々な原因で使えない場合があるので、例えばVISA加盟店にもかかわらずお店側が対応していない場 ...

-体験談

Copyright© バンドルカードが超便利! , 2018 All Rights Reserved.